日本アドラー心理学会第3回関東地方会

関東地方会は、関東にいるアドラー心理学会員が一同に集まって学び合う一年に1回のお祭りです。
今年は、くすのきの会からごまこと伊澤がシンポジストとして他の自助グループのみなさんと一緒に発表してまいりました!

関東地方区では、10年計画で学びを進めていく取り組みを行なっています。
今年は「基本にかえろう『課題の分離と共同の課題』」というテーマです。
午前中のシンポジウムは、「嫌われる勇気」のベストセラーによって一躍メジャーになった「課題の分離」をもう一度見直し、各自助グループで学んでいるメンバーがそれぞれのエピソードを持ち寄って、試行錯誤しながらの実践をオープン自助グループ形式で発表する…という試みでした。

なんとこんな立派なシンポジスト席までご用意いただき…緊張しました〜。

シンポジスト全員でこの日に向けて、流れを考え、調整し、テキストを駆使してまさに「試行錯誤」準備してきました。
会場の皆さんと楽しく、そしてためになるシンポジウムを目指してはいましたが、これ2時間も頑張れるだろうか、と心配でした。
終わってみれば、たくさんの笑い声にあふれた会場に、私たちシンポジストもたっぷりと勇気をいただいて、あっという間の時間でした。

史上最大級に、会場のみなさんから勇気づけカード(良かったところや、ためになったことなどお伝えしたいことを書くカード)をいただいて、感激でした。

午後は「勇気づけのうた」を使ったワークを。これも新しい試みでぜひ自助グループに帰ってみんなで試してみたいと思います。

今回のシンポジスト、「水道橋シスターズ」とお名前まで頂戴しました(笑)
この様子は、学会誌「アドレリアン」に掲載される予定です。
もしかしたら、水道橋シスターズ、復活するとかしないとか…。
また、皆さまにお目にかかれる日を楽しみにしています♪


(by ごま)

くすのきの会

東京都武蔵野市吉祥寺・世田谷区を中心に、アドラー心理学にもとづく育児の勉強会を開催しています。育児学習コース「パセージ」開催の他にも、東京吉祥寺周辺でパセージ修了者向けに月に1~2度のグループ学習会、パセージ未受講でもご参加いただける講座や輪読会、育児ミニ講座なども企画開催しています。 お気軽にお問い合わせください。 くすのきの会は『アドラー銀杏の会』の姉妹グループです。

0コメント

  • 1000 / 1000