BLOG

最近スケジュールが立て込んでいたり、うまくいかないことがあったり、ちょっぴりがっかりすることが溜まっていてめずらしく元気のなかった私。

少しホッとしたいなあと思って、実家の母に電話をしました。(甘ったれですw)

私の母は田舎で愛犬と一緒にひとり暮らしをしています。犬のことや最近の身の回りであったことなど取り留めのない話をしていたのですが、ふと思い立って、「私ってどんな子どもだった?」と聞いてみました。

母は最初「え?どんなって?」と怪訝そうに答えていましたが、私が「私の記憶にあるような頃の話じゃなくて、もう少し小さい頃のことなんだけど。」と付け加えると、しばらく、うーんと考えたような間の後、笑いながら「とにかく、元気な子だったね!」と言いました。へぇ、と答えたら、

「それから、なんていうかな、精神的に嫌なこともあったんだろうけどそれを引きずらないというかとにかく、うじうじしたりしない明るい子だったかな。身体は弱いところがあって病院通いで心配したけど、あっけらかんとしててね。」


あれ、そうだった?


「そうそう。それから我慢強い子だった。病院でかなり痛いことや怖いことをしたはずなんだけど、いつもジッと我慢してたね。その他でも感情を荒げたり、駄々をこねたりしなかったし、意地らしくなるくらい我慢する子だった。」


え、ええ〜?そうだったかな?


「覚えてないかなぁ、幼稚園の頃、妹の病院に行くのに園バスのお迎えの時間に間に合いそうにないから、もしお母さんがいなかったら、降りたところの前のお店のところで待っててね、って言っておいたんだけど、病院が全然終わらなくてね。ものすごい待たせちゃったことがあるの。その時も慌てて迎えに行ったら、泣きもせずにジッとお店の前で立って待ってたの。お店のおばさんが『どうしたのかと心配してた』というくらい待たせたのにね。文句のひとつも言わずに。悪いことをしたなとずっと気になってた。」


私、さっぱり覚えてません(笑)


「あら、そうなのね。でも、まあ、そういう感じで、聞き分けが良くて明るいから困ったなあってことがなかったかな。」


なんだか、能天気な感じがする〜


「あははは。物怖じせず、誰とでもお友達になっちゃうし、好奇心旺盛だし、はしゃいじゃうし(笑)まあ本当に、一言で言うなら、元気な子、よ。」


怪訝そうだった母も、いつの間にかのりのりで話をしてくれて、聞いたこともないようなエピソードも飛び出して思いもかけず楽しい時間となりました。

私ってそんな子どもだったんだ〜と思うと同時に、母が楽しそうに私の子ども時代の良いところを話してくれるのを聞いているうちにじんわりと温かい気持ちが広がっていきました。


そして、電話を切る頃にはすっかり私の気持ちは前向きに元気になっていました。

例えて言うならば、パワーが充電されたような感じです。



46歳の子ども、親の正の注目に勇気づけられる!!



翻って、親としての自分に意識を戻した時、こういう感情を子どもに手渡したいなあと心の底から思いました。すっかり大人になってしまった私でさえ、親から温かい感情を手渡されてこんなに嬉しくて、身体からエネルギーが湧いてくるような感じがするのです。

子どものことをもっとしっかりと見ていきたい、と思った出来事でした。


勇気づけに年齢は関係ありません。

温かい感情でもって、ずっと子どもと関わっていきたいですよね。


お母さん!ありがとねーまた明日からがんばるよ〜〜!


(by ごま)

朝夕、だいぶ涼しくなってまいりました。

すっかり秋ですね〜。今年のカレンダーもあと3枚・・・早いです。

我が家は受験生がおりますので、だんだんと気忙しくなってまいりました。

ついつい、心配や不安のタネが頭をもたげて「大丈夫かしら・・・」と子どもと関わってしまいそうになりますが、そんな時こそパセージ!テキストを広げてぶつぶつと呟きつつ自分を取り戻しています(笑)


さて、くすのきの会では、現在秋のパセージ平日木曜コースが開講中です。

こちらの平日コースが終了後、特にお仕事をされている方にもご参加いただけるように、日曜集中コースを予定しています。

現在、お申し込みをいただいているのですが、規定の人数に達しておらず・・・メンバーさんを強力に募集いたします!

ぜひぜひ、「受けてみようかな?」と迷われている方にご紹介いただけましたら幸いです。

お申し込み&お問い合わせはadlerkusunoki★gmail.com(★を@マークに変えてくださいませ)

もしくは、このホームページのお問い合わせからお気軽にご連絡ください!

今回のテーマは「自分を勇気づける」。勇気くじきのメカニズムを押さえた上で自分を勇気づける方法を学びました。


「勇気がないときは、どんなときですか?」


楽をしたいときかなぁ。失敗して落ち込んだときかなぁヾ(´ε`;)ゝ…

生まれてこのかた、成功した時でさえその中の悪かった点を見つけて「私が悪かったのです。ごめんなさい。もうしません」をしてきました。


人は現状が理想通りではないと感じると、行動をおこして現状をなんとかしようとします。現状がとても悪い状態だと感じている時や、「なんとかしよう」としている目標がどうにも達成困難な場合、どんなに行動しても目標が達成できません。まずは、現状の良い面を見て、目標を現実可能なものにして、楽をしたいと思うこと、失敗して落ち込むこと、自己嫌悪の目的は免責・免罪だから、それらをしないで、自分を勇気づけましょう!


育児学習プログラム「パセージ」で、勇気づけとは、子どもが心理面の目標である1.私は能力がある、2.人々は私の仲間だ、という信念をもつように援助することだと学びました。そのためには、子どもの長所や良かった点に注目し、子どもを信頼・尊敬し、子どもを理解する必要があることも学びました。これらは自分を勇気づける時にも必要です。

講師の岡山さんは、自分を勇気づけるための具体的な方法を提案して下さいました。


今日の講座で私は、

自分の長所を見つけて、人々のために自分にできることをするように自分を勇気づける→人々のために自分にできることをする→人々に所属できていると感じる=幸福

という、シンプルだけどとてもすてきなことを学べました。


「勇気づけの方法(アドラー心理学を語る4)」(野田俊作著)に、自分をしっかりと勇気づけられる人こそが、自立した人間として真の協力的な人間関係を作り出すことができる、という件があります。子どもだけでなく、私も一緒に「自立」に向かって成長し、勇気づけできるようになりたいと思います。


(byなべ)

 本日、ごまちゃんこと伊澤さんがリーダーを務めるパセージを再受講させていただきました。

 パセージはアドラー心理学に基づく、子育てプログラム、それも親の教育に重点をおいたプログラムです。 私の場合はパセージで習ったことを障がいのある方への支援にいかすことを目標にして奮闘しています。 

このパセージを終わるとフォローアップが毎月開催されます。でも私は少しさぼり気味です。 

今日はフォローアップと違って初めてお会いする方がたくさんいらっしゃったのでとても新鮮でした。そしてパセージの奥深さを再認識してきました。 

パセージの奥深さ、それは参加者によってどんどん変化していくことです。テキストは同じです、でもそのテキストに書かれていることへの反応がまったく違います。前回はさらっと流れたところでも今回は白熱したりします。 


今日は私も変化していました。テキストの同じ段落に書かれている言葉でも前回と今回では気になる場所が違いました。 前回は「あなたの考えを提案するより前に、まず子どもの考えをじっくりと聴いてみることです」というところに線が引かれています。今回は「多くの場合、子どもは答えを知っています」ここに線を引きました。 


日々のやり取りの中で、自分の考えだけが正しいのではないということにやっと気が付き始めています。 本日は飛び入り参加をありがとうございました。


 パセージに興味ある方におすすめの書籍です。いきなり飛び込むのはちょっと不安という方は、ご自宅でパセージの雰囲気を体感してみてください。実例に基づいたエピソードが満載でわかりやすいです。 (byりょうじゅ)


8月の定例講座のテーマは『嫌われる勇気の誤解』でした。

岸見一郎氏と古賀史健氏共著のベストセラー「嫌われる勇気」、この本について、著者の一人である岸見一郎氏自身も「あなたは『嫌われる勇気』を誤解している-「嫌われてもいい」ではない」というタイトルの文章(https://president.jp/articles/-/22920)を掲載しておられます。タイトルが印象的な分、「アドラー心理学では他人に嫌われても自分の信じるように行動することを勧めている」と受け取る人が多い、ということだと思います。

「嫌われる勇気」では哲人と青年の対話が描かれます。青年は自分に自信を持てず、上司の機嫌をとりながら仕事しています。両親に認めてほしくて期待に応えようと努力するけれど、いつも優秀な3歳違いの兄と比べられ、認めてもらえない。そんな青年だからこそ、哲人は「課題の分離」と「個人の主体性」を強調して、アドラー心理学を説明しているそうです。

どんな読者を対象とするかで、本の書き方、説明の仕方も変わってくるのでしょう。また、同じ本を読んでも読者によって受け止め方は様々です。

「嫌われる勇気」に、青年の就職先を青年の両親が快く思わなかったことを取り上げる場面があります。哲人は、両親の意向は両親の課題であるから青年は『自分の信じる最善の道を選ぶこと』しかできないのだ、と説きます。

私としては、自分が親になった今、子どもへの不安や期待は親の課題だから、私がなんとかしましょう、と思うけれど、自分の親が今も子や孫の健康を気遣い家族仲良く暮らせと言うことに対して「あなたの心配はあなたの課題だから」とはならなくて、ありがたく心配してもらっています。

このことも「嫌われる勇気」の青年と私の文脈の違いの結果だと思います。

講座では、アドラー心理学のゴールには共同体感覚思想があり、課題の分離はそこに至る入口であることを確認し、アドラー心理学の全体像やアドラー心理学の実践へと話がふくらんでいきました。

本で知識を学んだだけでは、アドラー心理学の技術を使えるようにはきっとなれないのでしょう。

講座やフォローアップに参加して学ぶと、「知識」だけではない何かが自分の中にやってくる気がします。それは時には「得心」だったり「感動」だったり「喜び」だったり様々ですが、共に学ぶ仲間や教えてくれる人とのやりとりの中で生まれるもののようで、アドラー心理学の技術習得に欠かせないものみたい。勇気づけられるって、このことかな、と思うのです

テレビやタブレットだけ見せても赤ちゃんはことばを話せるようにならないが、周囲の人々が絶えず話しかけていると言語を獲得できるのと似ているな、と思いました。

(byなべ)

あっという間に夏休みも残すところ一週間を切ってしまいました。

皆様、どんな夏をお過ごしになりましたか?


くすのきの会では、8月もいつも通りフォローアップと定例講座を開催して、どちらもお部屋いっぱいにメンバーさんがご参加くださいました。お子さんが夏休みでお忙しい方も多いというのに皆さん、本当に勉強熱心で頭の下がる思いです。


さて、いよいよ本年度も後半に入りまして、秋のパセージ開催をお知らせしています。

平日木曜パセージゆったりコースは9月6日から開催される予定です。

こちらは、ありがたいことにメンバーさんが集まりつつありまして、あと1名で開催が確定となります!ぜひぜひ、迷っておられる方はこの機会にご参加いただけると嬉しいです!


【秋の平日パセージ 木曜コース】 

新学期から始める、平日パセージ木曜コース

⭐️日程:9/6、9/13、9/20、9/27、10/4、10/11、10/18、10/25 

⭐️時間:10:00~12:30 

⭐️場所:吉祥寺 picopico cafe 他 

⭐️受講料:初受講23500円 再受講19500円 単発受講2500円(再受講者のみ)テキスト代2000円  

また、この秋はお仕事をされている方にも参加しやすい、休日集中コースを企画しました。

こちらもメンバーさん募集中です!

⭐️日程:10/28、11/11、11/25、12/9 

⭐️時間:10:00~16:00(お昼休憩1時間) 

⭐️場所:吉祥寺 picopico cafe 他 

⭐️受講料:初受講23500円 再受講19500円 単発受講2500円(再受講者のみ)テキスト代2000円 



どちらもエミ&ゴマの名物ツインリーダーでお送りいたします!

時代は刻々と変化し、これが正解の道、というようなものはひとつもありません。子どもが自身の力で自分の人生の課題に取り組み、その子らしく歩んでいけるように勇気づけられる親になりたいものです。

私たちと一緒に学び、考えてみませんか?

お申し込みやご質問はホームページのお問い合わせフォームもしくはadlerkusunoki@gmaui.comよりお気軽にお寄せください。

皆様のご参加をお待ちしております!!



関東地方会は、関東にいるアドラー心理学会員が一同に集まって学び合う一年に1回のお祭りです。
今年は、くすのきの会からごまこと伊澤がシンポジストとして他の自助グループのみなさんと一緒に発表してまいりました!

関東地方区では、10年計画で学びを進めていく取り組みを行なっています。
今年は「基本にかえろう『課題の分離と共同の課題』」というテーマです。
午前中のシンポジウムは、「嫌われる勇気」のベストセラーによって一躍メジャーになった「課題の分離」をもう一度見直し、各自助グループで学んでいるメンバーがそれぞれのエピソードを持ち寄って、試行錯誤しながらの実践をオープン自助グループ形式で発表する…という試みでした。

なんとこんな立派なシンポジスト席までご用意いただき…緊張しました〜。

シンポジスト全員でこの日に向けて、流れを考え、調整し、テキストを駆使してまさに「試行錯誤」準備してきました。
会場の皆さんと楽しく、そしてためになるシンポジウムを目指してはいましたが、これ2時間も頑張れるだろうか、と心配でした。
終わってみれば、たくさんの笑い声にあふれた会場に、私たちシンポジストもたっぷりと勇気をいただいて、あっという間の時間でした。

史上最大級に、会場のみなさんから勇気づけカード(良かったところや、ためになったことなどお伝えしたいことを書くカード)をいただいて、感激でした。

午後は「勇気づけのうた」を使ったワークを。これも新しい試みでぜひ自助グループに帰ってみんなで試してみたいと思います。

今回のシンポジスト、「水道橋シスターズ」とお名前まで頂戴しました(笑)
この様子は、学会誌「アドレリアン」に掲載される予定です。
もしかしたら、水道橋シスターズ、復活するとかしないとか…。
また、皆さまにお目にかかれる日を楽しみにしています♪


(by ごま)
毎日毎日暑いですねー!
とろけますね。

この暑さの中を、パセージ体験版、育児おしゃべり会に4名の方がご参加くださいました。
おチビちゃん達も3人も遊びに来てくれました。

アドラー心理学とはどんな由来があるのか、それにもとづく育児プログラムパセージとはどんなプログラムなのか、2時間という短い時間でしたが全員で体験しました。

ママたちの2時間のお勉強時間、とても協力的に遊んでいてくれて助かりましたよ〜!
駆け足の2時間でしたが、少しでもパセージの暖かい雰囲気が伝われば嬉しいです。

秋のパセージは、9月6日から、毎週木曜日全8回で開催いたします。
ぜひぜひ一緒にアドラー育児を学んでまいりましょう!

10月からは、日曜集中コースも開催します!

7月の定例講座は「声かけだけでは何も変わらない」。講師の岡山さん含めて11人で学びあいました。


パセージの「勇気づけるメッセージ」の言葉を優しく言っても、子どもがムキっとした態度で言い返してくるんです-

「子どもはお母さんの言葉よりも、感情に反応するんですよ。」


私、パセージを学んでも、「うちの子って、学校でちゃんとやっているのかな~」という不安な気持ちがなかなか消えません。

「不安な気持ちを抱えたまま言葉だけポジティブに代えるのは不気味です」

そうですよねー。娘も不気味さを感じて過激な反応をしたり、甘えたりするのかも。

不安を使っていると、子どもを尊敬・信頼していないから、やっぱり協力できなくて、それを声かけでごまかそうとしても、子どもには筒抜けでウザくてキモい親になってしまうわけですね。


不安を使う目的ってなんだろう?

「お母さんが心配するから早く家に帰ろう」とか「お母さんが心配するから宿題やろう」と子どもが思うと期待している?つまり子どもを思い通りに操縦したいんだな。


だから、仲間の一人が、「もうこの子は大丈夫だって、心から思えるようになったの」と言うのを聞いて、なんて素敵なのだろう、と思いました。


心を協力的にしてから話をするためにできることを皆で考えました。

私の場合は、1.あたりまえに注目して安心材料を見つける、2.「この子は大丈夫だ」と声に出していってみる(唱えていれば、そのうち「大丈夫だ」と考えられるかも)、3.不安や怒りを使いたくなったら、深呼吸してこの子を抱きしめたときの温かさを思い出す の3つができるかな、と思いました。


「真心アドラーを目指して、日々の実践をしていきましょう」

はい、毎日がお稽古です。

(by なべ)

6月の定例講座のテーマは「アドラー心理学は答えを教えてくれない」でした。


毎日の子どもとのやりとりで、「この対応で良かったのかな、もっと良いアドラー的な対応があったかな」とか、「あ、また失敗しちゃった」と考えることが多いです。

だって、パセージには、「○歳の子どもが△したら、××と言いましょう」というマニュアル的な対処法が書いてないのです。


今日学んだことは、

人は各々自分の価値観を持っていて、アドラー心理学ではどの価値もすてきと考えるので、絶対的に正しい答えはない。

人生にはいつもいくつかの選択肢があって、誰もが自分で選び取ることができる。

子どもが自分で人生を選び取れるように援助していきたい。

子どもの考えを引き出すようによく話し合い、どの部分で目標の一致がとれるか考えて、目標の一致ができたら、なにを協力するかを話し合い、その結果に基づいて援助する

でした。


私としては、「正答無し」が驚きでもあり、うんうんやっぱりの感もあり。答えを子どもと一緒に話し合って作り出す、なかなか味わい深い学びです。

パセージに、様々な不適切な行動への対処方法をいちいち書いていないのは意地悪ではなかったのですね


相手と自分の価値が異なる時、説得したりねじ伏せたりして議論に勝とうとするのではなく、その違いを認め合いながらより良い方法を探していく。

仲間のご主人が時々おっしゃるという”Let’s agree to disagree”(お互い違う考えを持っていることについては同意しよう)。とても素敵だと思いました。


答えを見つけられるようになるために有効な学習法も教えてもらい、またまたお得な2時間でした。(byなべ)

5月からスタートしていた春の平日ゆったりパセージ。
2ヶ月は始まる時は長いなあと感じますが、始まってしまうとあっという間に8回を終えてしまいます。

いつもの通り、修了おめでとうランチ会を開催しました!
残念ながらご用事があってご参加できなかったメンバーさんも2名ほど…ぜひこれからのフォローアップ会にてお会いいたしましょう!

今回のお店は、吉祥寺駅から三鷹方面にすこし歩いた郊外にある、吉祥寺SIZZLE さんへ。
絶品カジュアルフレンチを堪能してお祝いをしました。
この2ヶ月ですっかり打ち解けたみなさん、美味しい食事を楽しみながら、子育てについて熱く語り合い、とても充実した時間を過ごしました。

パセージは、秋も開催します。
秋は9月から平日パセージが、10月からは吉祥寺初の休日集中パセージを開催予定です。
メンバーさん募集しています。一緒に学びましょう〜〜!

私たちが学んでいる育児学習プログラム「パセージ」が何を大切にしてどんなことを実践しようとしているのか、詳しく紹介した初めての本が出版されました!

吉祥寺サンロードにあるブックスルーエさんにも入口の一番目立つところに置いてありました!

POPを置かせていただきましたので、お近くに行かれた際は見てみてくださいね。


「どんなことをするんですか〜?」

「いいって言うけど、具体的にどういいんですか〜?」

「育児学習プログラムって他にもあるし、そういうのとどう違うんですか〜?」


などなど、受講していただく前にはなかなか説明し難い部分を、マルッと最初から最後まで丁寧に順を追って書かれています。本として世に送り出されるまで、なんと3年をかけたという大変な労作です。

パセージがどんなものであるのかは、各地のリーダーが体験版の「プチパセージ」などを開催してお伝えしていますが、どうしてもお伝えできる人数や範囲に限界があります・・・。

これからは、気軽に「この本をまずは手に取ってみて!」とご紹介できるのが何よりも嬉しいです。


本を読んで気に入っていただけた暁には、ぜひ、お近くの学習グループに参加してみていただきたいです。この本にも書いてありますが、やっぱり、自分ひとりの頭の中だけでは難しい・・・仲間がいて、みんなで考えるからこその学びをぜひとも体感してください。


さて、満を時して出版されたこの本ですが、なんと!

吉祥寺で出版記念トークショーがありますよ!

著者である清野雅子さん、岡山恵実さんのおふたりのお話がたっぷりと聞けてしまうまたとないチャンスです。開催場所である「吉祥寺PARCOブックセンター」で「3歳からのアドラー式子育て術『パセージ』」をご購入いただければ参加費無料です!太っ腹!

要予約で28名様までだそうです!

ぜひ、お運びください。