TomieKusunoki

記事一覧(2)

声かけだけでは何も変わらない(7月定例講座)

7月の定例講座は「声かけだけでは何も変わらない」。講師の岡山さん含めて11人で学びあいました。パセージの「勇気づけるメッセージ」の言葉を優しく言っても、子どもがムキっとした態度で言い返してくるんです-「子どもはお母さんの言葉よりも、感情に反応するんですよ。」私、パセージを学んでも、「うちの子って、学校でちゃんとやっているのかな~」という不安な気持ちがなかなか消えません。「不安な気持ちを抱えたまま言葉だけポジティブに代えるのは不気味です」そうですよねー。娘も不気味さを感じて過激な反応をしたり、甘えたりするのかも。不安を使っていると、子どもを尊敬・信頼していないから、やっぱり協力できなくて、それを声かけでごまかそうとしても、子どもには筒抜けでウザくてキモい親になってしまうわけですね。不安を使う目的ってなんだろう?「お母さんが心配するから早く家に帰ろう」とか「お母さんが心配するから宿題やろう」と子どもが思うと期待している?つまり子どもを思い通りに操縦したいんだな。だから、仲間の一人が、「もうこの子は大丈夫だって、心から思えるようになったの」と言うのを聞いて、なんて素敵なのだろう、と思いました。心を協力的にしてから話をするためにできることを皆で考えました。私の場合は、1.あたりまえに注目して安心材料を見つける、2.「この子は大丈夫だ」と声に出していってみる(唱えていれば、そのうち「大丈夫だ」と考えられるかも)、3.不安や怒りを使いたくなったら、深呼吸してこの子を抱きしめたときの温かさを思い出す の3つができるかな、と思いました。「真心アドラーを目指して、日々の実践をしていきましょう」はい、毎日がお稽古です。(by なべ)

アドラー心理学は答えを教えてくれない(6月定例講座)

6月の定例講座のテーマは「アドラー心理学は答えを教えてくれない」でした。毎日の子どもとのやりとりで、「この対応で良かったのかな、もっと良いアドラー的な対応があったかな」とか、「あ、また失敗しちゃった」と考えることが多いです。だって、パセージには、「○歳の子どもが△したら、××と言いましょう」というマニュアル的な対処法が書いてないのです。今日学んだことは、人は各々自分の価値観を持っていて、アドラー心理学ではどの価値もすてきと考えるので、絶対的に正しい答えはない。人生にはいつもいくつかの選択肢があって、誰もが自分で選び取ることができる。子どもが自分で人生を選び取れるように援助していきたい。子どもの考えを引き出すようによく話し合い、どの部分で目標の一致がとれるか考えて、目標の一致ができたら、なにを協力するかを話し合い、その結果に基づいて援助するでした。私としては、「正答無し」が驚きでもあり、うんうんやっぱりの感もあり。答えを子どもと一緒に話し合って作り出す、なかなか味わい深い学びです。パセージに、様々な不適切な行動への対処方法をいちいち書いていないのは意地悪ではなかったのですね相手と自分の価値が異なる時、説得したりねじ伏せたりして議論に勝とうとするのではなく、その違いを認め合いながらより良い方法を探していく。仲間のご主人が時々おっしゃるという”Let’s agree to disagree”(お互い違う考えを持っていることについては同意しよう)。とても素敵だと思いました。答えを見つけられるようになるために有効な学習法も教えてもらい、またまたお得な2時間でした。(byなべ)