adler-kusunoki

記事一覧(35)

パセージ・プラス開講中!

初パセージを吉祥寺の地で開催してから1年。とうとう、パセージ・プラスを開講することができました!初日、会場に集まった皆さんから「帰ってきたって感じがするね」と声が上がって、ああ、本当にそうだなあ、とジーンとしてしまいました。今回は、修行中のパセージリーダー、ワタクシごまもみなさんとともに勉強すべく、メンバーとして参加させていただいています。同じ東京から、頼りになる先輩リーダー、銀杏の会:岡山リーダーとアドラー多摩:徳永リーダーをお招きして豪華ツインリーダーでの開催です!おふたりのリーダーさんから、「メンバー同士が信頼しているのが伝わってきて、1年間じっくり全員で学んできたのが良くわかるとってもいいグループですね。」とご感想をいただいて、とってもとっても嬉しかったですよ〜〜〜!ゆったりコースですすむ吉祥寺パセージ・プラス、3月まで全員でじっくり学んでまいります。5月からは、平日のパセージが開催の予定となっています。私たちと一緒にアドラー育児を学んでみたいな、という方、お待ちしております♪お勉強の後は、くすのきの会名物、吉祥寺ランチ。初回は、隠れ家的ハンモックカフェ、『麻よしやす』さんで。このランチタイムにリーダーさんといろいろお話しできるのもとても良い刺激になるのですよね。大事な時間です。

1月フォローアップ会と2月特別企画のお知らせ

新年第1回目のパセージフォローアップは、新しいメンバーさんを迎えての嬉しい始まりとなりました。パセージ修了から1ヶ月しか経っていないのですが、なんだか本当に久しぶりにお会いする感覚。早速お正月お休み中の出来事を、全員でパセージのテキストをひっくり返しながらウンウンと考えました。今年プラスを受講予定のベテランメンバーさんは、流石の貫禄でしたし、新メンバーさんは学んだばかりのフレッシュな視点で、事例について考えてくださって、参加していてとても楽しい会となりました。ランチを挟んで、「協力をかちとる」の輪読会です。午後は参加者が少なくなってしまうのが懸案事項でしたが、メンバーさんからのご意見で、次回から午前中に輪読会も組み込んでみて、より多くの方と学び合えるように工夫してみることになりました。学び方のアイデアがありましたら、どんどんご提案いただけるととても嬉しいです。さて、2月は特別企画やります!『手作り味噌を学ぶ会&2月のフォローアップ会』まさに「手前味噌」
意外と簡単で美味しい手作り味噌を作ります。大人も体験から楽しく学びましょう✨ 参加者には、習ってからすぐ自宅で作れるように出来上がり3キロ分の手作り味噌セットをご用意します。
発酵食品、塩、有機・自然栽培とは何か?などのミニ講座付きです。 
材料の準備のため、必ず1月21日までにお申込みをお願いいたします。お申込みを頂いた方には追って詳細をお知らせいたします。 午後から、パセージフォローアップをいたします。フォローアップだけの参加も可能です。詳細お問い合わせください。  日時:2月1 日(木)9:30〜12:30→味噌作り            13:30〜15:30→フォローアップ募集人数:手作り味噌の会10名(先着順) フォローアップは人数制限ありません。 参加費:手作り味噌セット代+資料代味噌作りにお申し込みの方には詳細おってお知らせいたします 持ち物:パセージテキスト   緑町コミュニティセンター 調理室お申し込みは以下のお問い合わせフォームから、または adlerkusunoki@gmail.comまで

パセージ受講後のご感想をいただきました

心震えるほど嬉しいご感想をいただきました。もし、一緒に学んできた2ヶ月が、今日からまた歩みだすお手伝いになったのなら、こんなに嬉しいことはありません。ご許可をいただいてここに掲載させていただきます。ありがとうございました。以下転載です。***************2ヶ月間、ありがとうございました😊皆さんのいろいろな事例を聞いてもなかなかどう考えたらいいのか取っ掛かりがあまりわからずリーダーおふたりの本質の見極めとアドバイスで目からウロコの連続でした。また、本当にその感情を味わうことができるロールプレイの不思議な力にも驚きました。ご一緒されてた皆さんの学びが進んでいるのがよくわかった一方、自分は遅れ気味でしたがそれでも全て自分からなんだということがわかり、考え方がガラッと変わりました。先日ちょうど村松大輔さんという方のセミナー動画で教わった話ですが聖書をヘブライ語から英語に訳すとき、愛という概念にちょうど該当する言葉がなくlisten(目と耳と心で聴く)overlook(長い目で見る、過去や未来も含めて、その人の背景を含めて見る)voice(声を掛ける)excuse(赦す。罪は元々なかったものと自ら気づく。罪を憎んで人を憎まず)の頭文字をとってloveという言葉が生まれたという話があるそうです。(この話の真偽はともかく笑)これらの行いが愛を表現するのに相応しいことだと考えるとパセージで習った適切な側面を探すことと正の注目、勇気付けはloveそのものだと思いました💓つまり心の中の愛を表現するための適切な方法を教えてもらったんだなと思います。パセージを学ぶ機会をいただき受講できた幸運とご縁があってご一緒させていただいた皆様、そして毎回真摯に指導して下さったおふたりのリーダーに心から感謝申し上げます。これからもよろしくお願いします😃***************これからも、共に学んでまいりましょう!どうぞよろしくお願い申し上げます。

よいこと日記をつけてみる

基礎講座に参加されたグループのメンバーさんから、講座で学んだことの素敵なシェアをいただきました。それは「よいこと日記」をつける、ということ。自慢ではありませんが、三日坊主選手権があったら間違いなく上位に食い込む自信のある私です。そんな私がアドラー育児を学ぶようになってから、講座で教えていただいたことでちょっとだけ続いていることがあります。それは、その日あったよいことをノートに書き留めておくこと。用途別にノートがあると結局億劫になってしまうので、考えた末、いつも持ち歩いているスケジュール帳にメモすることにしています。(手帳がほぼ日という毎日のページがあるタイプをしようしているのです)いざ書こう、と思ってペンを持つものの、思い浮かぶのは「反省」やら「後悔」やら「嫌だったこと」ばかり!最初の頃は本当に苦労しました。いかに、普段物事のよくない面ばかり見て過ごしているかを痛感したものです。育児プログラム「パセージ」の中でも、適切な行動には正の注目、不適切な行動の中の適切な側面に正の注目を、というくだりが出てきますが、最初の頃はこれがとても難しい。「不適切な行動はどこから見たっていいとこなんかないわよ!」なーんて思っていたものですが・・・。あるんですね。しっかりと。よいこと、を普段から見つける練習をしておくと、不適切しかないと思っていた子どもの行動も違う側面が見えてくる・・・。足りないものや、嫌なものを見つけるのは、人間誰しも大得意です。よいことを書き留めて「よいこと貯金」をしておくと視野が広がるのを実感しています。ちょっとしたことに幸せを感じるようになったように思います。今日から楽な気持ちで、よいこと日記、はじめてみませんか?

アドラー心理学基礎講座応用編