adler-kusunoki

記事一覧(43)

講座「心を折るのは私自身」開催しました

アドラー心理学を学ぶ定例講座第一回目、アドラー銀杏の会から岡山恵実カウンセラーさんをお迎えして、6名の参加者で開催しました。「心を折るのは私自身」・・・おやおやおや? 心は、私が自分で折るってこと?誰かに折られたり、傷つけられたりってするじゃない?いえいえ、そうじゃないんですって!アドラー心理学では、人にはいつも目標があって、それに向かって行動をすると考えています。これが例外なくすべてなんです。今回は、全ての参加者がパセージを受講済みの方ばかりでしたので、ああ、なるほど、パセージのあの部分は、アドラー心理学のこの理論に基づいたものだったのね〜と改めて気がついたりしました。内容はアドラー心理学の基本5前提に。基本5前提とは⑴個人の主体性⑵目的論⑶全体論⑷仮想論⑸社会統合論の5つ。このすべてがシステムとして動いているのがアドラー心理学の理論の骨格なのです。ひとつひとつ、どういうことを表しているのか丁寧に説明していただき、納得するやら頭を抱えるやらです。さて、肝心の「心を折るのは私自身」ですが、どういうことかというと、いつも私たちは目標に達していなくてマイナスである自分から理想であるプラスの自分に向かって行動をしています。つまり、『心が折れた』『傷ついた』と考えて、落ち込んだりしたりすることで、何か目標を達成しようとしている、ということ。どんな目的があるかというと、さまざまなものがあるそうですが、「ああ、私ってこんなにダメな人間なのよ」と考えて、罪から逃れようとする免罪。「私のせいじゃないも〜ん」と考えて、責任から逃れようとする免責。「こんなはずじゃない、私は間違ってない!」と考えて、正しさを主張する正当性の証明。ギョギョギョ!や、やってるかもしれない・・・(汗)さぁ、もうこのロジックを知ってしまったからには、明日から自分への言い訳は通用しません。「社会の資源を消費するばかりではなくて、自分が何か行動する。それが世界を回しているんです、ぐじぐじうじうじ、自己勇気くじきをしているヒマなんてないんですね。」それを聞いたときに、下や後ろばかり見ていたのが急に視界が開けたような、そして自分が決めて自分にできることから行動することができる、未来に希望を感じることができました。そうだ、世界は私たちひとりひとりが作っているんだ!2時間の間、質問たっぷり、おしゃべりもたっぷりで、くすのきの会@吉祥寺らしく明るく、そして奥深く学びを進めることができたと思います。次回の定例講座②は5月25日(金)10:00~12:00テーマは「自分の人生のスイッチは自分で押そう」です。どなた様もご参加いただけます。お申し込みはこちらまで。春のパセージ 引き続きメンバーさん募集中!10:00スタートで、さらにゆったり開催になりました!

キラキラの先に見えてくるもの(3月パセージプラスフォローアップ)

3月8日、パセージ・プラス修了し、翌週3月15日にリーダーの岡山さん、徳永さんも参加して下さる嬉しいフォローアップがありました。

私は、一昨日のエピソードについて、「どうしようかな、みなさんに考えてもらうにはちょっとなぁ」と、モヤモヤしていました。 エピソードは、娘(小2)が遊びに出かける時に、迎えに来てくれた友達をイライラした口調で非難していて、帰宅後に私が「あの言い方はひどい」と指摘したら、娘が「そうだよね、Aちゃんとはいい友達でいたいし嫌われたくないから、今日のことを謝るね」と言った、というものでした。
私がパセージでいけないとされる行動をしていて、娘が私の期待通りの行動をして私の気分を良くしてくれたことはわかるけど、それ以上考えようとすると、なんだかモヤモヤして逃げたくなるのです。 
フォローアップの終わり際、15分程残して話題が途切れ、やっぱりこのままではいけない、ということだ、と、皆の前でエピソードを読みました。

みなさん、
「それって『子どもの行動に関係する親の課題』の内の『子どもへの期待』だから、共同の課題にしてはいけないって、パセージに書いてあるよね」
その通り!親の課題を子どもが肩代わり。なんてクリアな事例でしょう!どうして私はモヤモヤって思ってたの?!

その時、見えました。心の声が。 「だって娘は幼くて、友達にあんな風にイライラをぶつけたら友達に嫌われるってことを知らないのよ。私がいろいろ言ってあげたりやってあげたりしなくちゃダメなのよ」
まさかの「子育ての目標」に逆行する心の声。甘やかすのは勇気くじき。それにパセージ・プラスの講座で、よい人間関係の4つの特徴「相互尊敬」「相互信頼」「協力」「目標の一致」を学んだばかりなのに、娘を信頼できていない! 「娘が私の期待通りに行動してくれるときだけ、キラキラなイメージよね」
つまり、私の期待に反する行動は全て「あり得ないわ」って、ええっ!あまりにも競合的。 
そして極め付け。
「せっかくパセージとパセージ・プラスですてきな子育ての方法を学んだのに、それに反する私は見たくない。蓋しちゃおう♪見ない見えないわからない」
だからモヤモヤするだけで、わからなかったんだ! 
パセージ・プラスで、自己嫌悪の目的は「自分を免罪して責任を逃れること」と学びました。だから、「えーん、こんなにひどいことやっているなんて、もう、私なんてダメだわ。母親失格ね」と甘えられません。
私の、この競合的で自分勝手で無責任なところを、娘に対して(他の人に対しても)使わないように努力しなくては。 そして改めてテキストを見ると、その方法がちゃんと書いてあります。
「競合的な仮想的目標が動きそうになったときに気がついて、協力的な仮想的目標に置き換えて行動してみる」こと。これがすぐにできたら苦労はない…

こんな私に、フォローアップのみなさんは、「そのことで娘が何を学んだかを聞いてみる」ことを勧めて下さいました。娘が私の期待と反する行動を選んだ時に、とても良いことを学ぶ、ということが度重なれば、私もきっと、余計な心配をすることなく、「娘は私の期待と違う行動をしているけれど、素敵なことを学ぶだろう」と思えるでしょう。 
それにしても、自分の都合の悪いことは見えなくなる、というのは最悪です。今回は本当に、パセージやパセージ・プラスで学んだ後のフォローアップと、一緒に学ぶ仲間のありがたさを痛感しました。モヤモヤをクリアにしてくれた、仲間からのひとことひとことに勇気づけられました。 
パセージ学ぶ前、いつも「母さんは私の話を聞いてくれない」とイライラしていた娘。娘の寝息を肩に感じながら、「母さんがパセージを学ぶのを応援してくれてありがとう。母さん、今日もすごいことに気づいたよ。気づいただけ、だけど、でも、やっぱり、今日は昨日よりも子育ち応援上手な母さんだよね。」とテレパシーを送りました。 毎日がお稽古。
いつか、娘が私とは違う価値観で物事を考えても、それを認めて心から応援できるようになりたいです。 

親の心子知らず。いやいや子の心親知らず?(3月のフォローアップ)

久しぶりの暖かさに春の兆しを感じた1日。 この日は、これまで毎月午前と午後と分けて行っていたフォローアップと輪読会をギュッと午前にまとめて行う濃厚な3時間になりました。 今回のフォローアップは、15才を超えた子どもとのエピソード。 子どもの対人関係や自己肯定感の低さなどに、親が“不安”の陰性感情で対応した事例。只今パセージプラスで毎週集まっている精鋭4名でパセージテキストを駆使して復習しました。 5Lより、不安に思ってしまった行動の中の適切な側面を探すと、年令的にももう子ども自身で考えられることがわかりました。 11L、さらに子どもの話を聴く(自分の考えをまとめることができる)4Lの4、多くの場合子どもは答えを知っている。もし知らなくても話しているうちに自分で見つけ出すことができるなどがあがり…ここで親のできる対応は、30LR、“間をあける”「まぁ、お茶でも飲もうか♪」と空気をかえて話を聴く場を整えることでした。さらにパセージプラスを使っても同じ様になるのか検討することに。 そしてやはり“お茶”という結果に。(笑) 今日の学びは、いくつになっても親の心配は尽きないけれど、成長していく子どもの力を信じて話を聴くこと(11L)。歯がゆい!けれどもう子どもは自分の課題に子どもなりに向き合っている。1L、子育ての二種類の目標を胸に、親も自立しなければならない(13L)ことを再認識することになりました。 残り約1時間より輪読会スタート! 今回からまとめ役さんが進行を担当。 10LR Ⅲ クラスをグループとして扱う 1 クラスをひとつにまとめるを順番に英文→和訳と音読していきます。数十年ぶりの音読に緊張しながらもメンバーの流暢な発音に聞き惚れるそんな新鮮な英語の時間が楽しみになっています。今回は、クラス会議の必要性のお話。先生と子どもたちのこと、パセージの家族会議のことなど話は時間ギリギリまで尽きませんでした。 今日のランチは、イルキャンティ吉祥寺店メイン料理にスープ・サラダ・ドリンクも付いてリーズナブル。他にパスタのランチなどもあり。(by うっきー)

パセージ・プラス開講中!

初パセージを吉祥寺の地で開催してから1年。とうとう、パセージ・プラスを開講することができました!初日、会場に集まった皆さんから「帰ってきたって感じがするね」と声が上がって、ああ、本当にそうだなあ、とジーンとしてしまいました。今回は、修行中のパセージリーダー、ワタクシごまもみなさんとともに勉強すべく、メンバーとして参加させていただいています。同じ東京から、頼りになる先輩リーダー、銀杏の会:岡山リーダーとアドラー多摩:徳永リーダーをお招きして豪華ツインリーダーでの開催です!おふたりのリーダーさんから、「メンバー同士が信頼しているのが伝わってきて、1年間じっくり全員で学んできたのが良くわかるとってもいいグループですね。」とご感想をいただいて、とってもとっても嬉しかったですよ〜〜〜!ゆったりコースですすむ吉祥寺パセージ・プラス、3月まで全員でじっくり学んでまいります。5月からは、平日のパセージが開催の予定となっています。私たちと一緒にアドラー育児を学んでみたいな、という方、お待ちしております♪お勉強の後は、くすのきの会名物、吉祥寺ランチ。初回は、隠れ家的ハンモックカフェ、『麻よしやす』さんで。このランチタイムにリーダーさんといろいろお話しできるのもとても良い刺激になるのですよね。大事な時間です。

1月フォローアップ会と2月特別企画のお知らせ

新年第1回目のパセージフォローアップは、新しいメンバーさんを迎えての嬉しい始まりとなりました。パセージ修了から1ヶ月しか経っていないのですが、なんだか本当に久しぶりにお会いする感覚。早速お正月お休み中の出来事を、全員でパセージのテキストをひっくり返しながらウンウンと考えました。今年プラスを受講予定のベテランメンバーさんは、流石の貫禄でしたし、新メンバーさんは学んだばかりのフレッシュな視点で、事例について考えてくださって、参加していてとても楽しい会となりました。ランチを挟んで、「協力をかちとる」の輪読会です。午後は参加者が少なくなってしまうのが懸案事項でしたが、メンバーさんからのご意見で、次回から午前中に輪読会も組み込んでみて、より多くの方と学び合えるように工夫してみることになりました。学び方のアイデアがありましたら、どんどんご提案いただけるととても嬉しいです。さて、2月は特別企画やります!『手作り味噌を学ぶ会&2月のフォローアップ会』まさに「手前味噌」
意外と簡単で美味しい手作り味噌を作ります。大人も体験から楽しく学びましょう✨ 参加者には、習ってからすぐ自宅で作れるように出来上がり3キロ分の手作り味噌セットをご用意します。
発酵食品、塩、有機・自然栽培とは何か?などのミニ講座付きです。 
材料の準備のため、必ず1月21日までにお申込みをお願いいたします。お申込みを頂いた方には追って詳細をお知らせいたします。 午後から、パセージフォローアップをいたします。フォローアップだけの参加も可能です。詳細お問い合わせください。  日時:2月1 日(木)9:30〜12:30→味噌作り            13:30〜15:30→フォローアップ募集人数:手作り味噌の会10名(先着順) フォローアップは人数制限ありません。 参加費:手作り味噌セット代+資料代味噌作りにお申し込みの方には詳細おってお知らせいたします 持ち物:パセージテキスト   緑町コミュニティセンター 調理室お申し込みは以下のお問い合わせフォームから、または adlerkusunoki@gmail.comまで